Recent entries
2008/01/21 (Mon) ARRESTED?
2007/12/18 (Tue) Reluxing
2007/11/28 (Wed) 再来日本!
2007/11/27 (Tue) Tokyo Walk
2007/11/23 (Fri) お隣へ
2007/11/18 (Sun) 西へ東へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



私は、比国で結婚し比国に住み比国で働く日本人の一人ですが、この連載を全て読ませて頂いて大きな違和感を持つに至りました。



 まず、文中に頻発する「貧困」への捉え方。取材対象について大勢の家族を背負ってとか、責任感を持って、等という事象が作者にとっての許容の基準の一つとなってるように感じること。「家族が第一でそれが終わったら私自身の幸せ」や「兄弟の学費のために」などの理由はこちらにいれば履いて捨てるくらい耳にします。そのコトが美談のように語られていると感じるのですが、私がこの国について最大の問題であると考えるのは、そのように自己犠牲を払おうとする娘が少なからず存在すること。彼女達を責めるつもりは毛頭御座いませんが、褒めたり、哀れんだり、感動したりするようなことでも決して無いと考えます。そこには、飯も食えないのに子供を次々に生む無責任な、さらには保身の為に多産した親の洗脳が見え隠れします。実際、母親に「日本へ行けば楽してたくさんお金が稼げるから行って家族を助けなさい」と言われて来日したタレントがどれ程いるか?くらいは作者も重々ご存知だと思うのですが。。。そう考える娘の存在自体が諸悪の根源であるクラブメンタリティを証明してませんか?


 次に、「日本帰りのタレント」をテーマにされたコトについては、フィクションとしてのノンフィクションであり、作者の意図なのですから構わないのですが、80%とも言われる貧困層の中で、その貧困故に日本へタレントとして来日したり比国内でホステスとして金儲けをする女性がほとんどを占めるわけでは決して無い。というよりも、大多数の女性は高卒以下で賃金が安くともまともに働き、細々ではあるがしっかりと暮らしている。という事実が文章から読み取れない。もっと言えば、80%が貧困であるというのは外側(例えば日本)から見た客観的な数字であり、その80%に属する人々が右も左も同じような境遇の人々の中で自分たちのことを本当に「貧困」だと認識しているのだろうか?私はそうは思わない。その中で、タレントやホステスを志願する女性達が蔑視されているのは、安易な決断する女性(決断をさせる親・許す親)がマイノリティであり、どちらにせよ女を売って金儲けをする商売である事、卑しい儲け方である事には変わりないが故、社会から蔑視されるのは自然なことであると考えます。


 さらに違和感を持つのは、「売春」についての文中から察する作者の捉え方についてです。作者自身が書いているとおり、水商売=売春とならない日本は西側世界において希有な国です。また「売春」という職業がいかに心と体を蝕むハードな仕事であるかも想像はできます。では「日本でタレントをすればフィリピンのように体を売らないで、しかももっと稼げる」という動機で来日するタレントは、比国内でホステスをする女性よりスマートで穢れなく私たちを癒してくれる健気な女性達なのでしょうか?この「売春」についての考察には、賛否両論があるとは思いますが、私は国内で体を売って金を稼いでる女性のほうが日本でタレントとして出稼ぎに来ていた女性達より、まっとうに金儲けをしていると考えます。「売春」についてここで議論をしたいわけでは無いのですが、このようなセンシティブなトピックについてステレオタイプな語調に違和感を持った次第です。


 最後に、作者にではないですが当該BLOGに訪問されておられる方々のコメントを見て、入管がどうのこうのという内容をしばしば見かけますが彼女達に同情するなら、懇意な女性に金を送るなり、ボランティアに参加するなり、比国に頻繁に通うなり、方法はいくつか存在します。タレントととして日本へ来ることが困難になった事に対して、自分達の遊び場の一つが無くなったことを嘆いているのなら、国際的にも違法に(似非シンガー・ダンサー)タレントと称して出稼ぎに来ていた彼女達であるが故、来れない事の方が当然であるし作者ならさらに良くご存知であろうが、帰国比女がジャパンマネーを持ち帰って、所謂、経済的な部分だけに限定しても成功していると言えるパターンがいったいどれ程あるのか?を考え合わせると、彼女達のためにこそ、日本に来れなくなった事は良い事なのではありませんか?


 出版となると、センセーショナルな部分やシンパシーを得る為の文章が必要なことも理解はしておりますが、我田引水的な部分や仮にも「ノンフィクション」とされているにも関わらず(フィクションでももちろんそうだが)真実に近づこうとする文章であるとは思えなかったので、TBさせて頂きました。蛇足で申し訳御座いませんが、取材費のP500に意味を持たせるのも悪趣味極まりないと感じるのですがいかがでしょうか?


以下のBLOGの読感です。


フィリピーナはどこへ行ったのか?
白野慎也のフィリピン・サリサリ・トーク

スポンサーサイト



+30代,40代で転職して作業療法士
作業療法士は、身体などに障害を持つ患者に、手芸などの作業活動を行なうことによって、身体の機能を回復させる http://market.rcrane4law.com/
【2008/12/03 14:26】 URL | Sino? #-[ 編集]
+洋菓子ポータル
洋菓子の検索サイト。西洋骨董洋菓子店、レシピ、洋菓子店、神戸、東京など洋菓子に関する各種情報をお届けしています。 http://dairying.tallmadgetitans.com/
【2008/11/14 04:24】 URL | Sino? #-[ 編集]
+ついでに
ダメなんよ~。の目的語もクッキリハッキリしといてくれまっか?
【2007/04/14 17:01】 URL | GM7 #-[ 編集]
+だから...
『オラ』は商材の話として、モノ言ってるんじゃネんですゼ?
ディベートだけ、ハッキリクッキリしていてくれまっか?

似非恋愛絡めた、似非小説ってことでヨロシおまっか?
【2007/04/14 16:52】 URL | GM7 #-[ 編集]
+あなたもカワワ私もカワワ。河内音頭です。

G~皮肉ちゃ駄目なんよ。

ピーパブ経営の根源にある白々しい似非恋愛ドラマが求められてるわけで、一発いくらは数で稼ぐしかなくて、値引きも交渉もあるし、「心」これが大事。

100万人結構美味しいと思うよ。

連休明けにたぶん。25日に渡日してくるお友達の帰国時に一緒。予定。
【2007/04/13 19:47】 URL | lav #fo7uyXLw[ 編集]
+カワワ教
オラも対抗してカルト(刈人)集団『カワワ教』でも立ち上げようかな?

っ中華、100万人程度を狙った、文学性のブの字もないせこいプロダクツでは
ありまんなぁ~。
【2007/04/13 17:35】 URL | GM7 #DNshAd/g[ 編集]
+『フィリピーナはどこへ行ったのか?』
今日は少々時間があって読んでみました。昔はヌキキャバにもタレントいたんですね。知らなかった。
石和温泉のストリップでBeMyLadyで踊ってるのは見たことあるんですけどね。
ノンフィクションであるとすればストーリーは特異であったほうが面白いわけで、そこに現実を混ぜることにより類似性が生まれ、100万人とも言われるピン中に向けたイイ商案と思います。
「フィリピーナの憂鬱」はどうしちゃタンですかね。G~気合入れ宜しくス『ス!!』
【2007/04/13 16:27】 URL | lav #fo7uyXLw[ 編集]
+お久です
LUVさま

ご支持有難う御座います。

っ中華、「僕達サラリーマンの苦労に比べたら、彼女達の苦労は。。。云々」
完全無欠の差別発言野郎共が群がってるのがどうにも気色悪かったので、
2分40秒間、ブラインドタッチが止まることは一瞬たりともありませんですた。
【2007/04/12 12:45】 URL | GM7 #DNshAd/g[ 編集]
+知らなければ幸せだったのに日本に行ったばっかりに・・
実際のところ、最初に発行する分が全部売れても、白野さんがフィリピン取材のために自腹を切っている費用には満たないので……
これってどういう意味なんでしょ。どーしてフィリピン絡みってこんなんですかね。
どーも変。この一文で観点がズレテルッテ確信しちゃいます『す!』

G支持汁
【2007/04/12 03:11】 URL | LAV #fo7uyXLw[ 編集]
+はじめまして
はじめまして、けんたろう@毎月100万稼ぐ男と申します。

今回はコメント廻りにお邪魔させていただきました^^

ネットで月100万稼ぐ方法をブログで解説しています。

興味があればご覧ください。

読者12000名の無料メールマガジンも配信しています。
http://www.mag2.com/m/0000214347.html

突然のご訪問失礼いたしましたm( __ __ )m

今後ともよろしくお願いいたします。


けんたろう
【2007/03/24 05:17】 URL | けんたろう@毎月100万稼ぐ男 #-[ 編集]
















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Philippines ラプソディ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。